スキップしてメイン コンテンツに移動

それをお金で売っていい社会にしますか?


「ゆたかな社会」が投げかける公共性の問題

ガルブレイスの著書『ゆたかな社会』は、経済学者ガルブレイスが経済学の範疇を超えていろいろな論点を扱っていて面白い本です。中にはインフレ懸念など現代ではあまりぴんと来ない話題もありますが、今にも通じる指摘も多く含まれています。
中でも、アメリカで進んだ「公共部門と民間部門の格差」については、考えさせられました。
誰もがテレビ・ラジオを持っているが、学校は貧弱。住宅はきれいなのに街路は汚い。最新式の自動車で公園にキャンプに出掛けるが、道路の舗装は悪く、ごみが落ち、広告だらけ。公園にたどりついても、小川は汚く、周囲から悪臭がする…
現代日本でも思い当たる光景ですよね。

貧弱な公共部門に対して現代アメリカが出した答え

NHKで授業が放送されて、大変有名になった、サンデル教授。その著書『それをお金で買いますか 市場主義の限界』の中の一章は、ガルブレイスが投げかけた「こんなに貧弱な公共部門でよいのか」という問題提起に対して、アメリカ社会がどんな答えを出したのか、それがどんな問題を生み出しているのかを示しています。

アメリカ社会が出した答えとは、「公共部門の施設・設備に、民間がお金を出す。ただしそこに広告を出す代価として」です。いまアメリカでは、公立の学校に、刑務所に、パトカーに、民間企業の広告が出ているそうです。それによって、公立の施設は収入を得、施設やサービスの拡充の費用に充てているというのです。

それをお金で売っていいの?

サンデル教授は、そのようなアメリカの事態を良しとしているわけではありません。公共的なものが持つ価値、「公共善」を腐敗・堕落させているのではないか、という問題提起をしています。
幸か不幸か、日本ではまだ「刑務所が広告スペースを販売した」という話は聞きません。が、広告のかたちこそしていないものの、いわゆる「命名権」も、意味としては同じですよね。公共の施設の名前を、私企業が、自社の知名度を上げるために、買っていますから。
サンデル教授はアメリカの命名権の事例も多数取り上げ、地域の歴史に根差している、公共の施設の名前を、売り払っていいのだろうか?という疑問を投げかけています。
公共施設の在り方について、とても考えさせられます。

本当にそれをお金で売っていいの?公正な取引であっても、ダメなんじゃない?

「市場メカニズムは、効率的に資源配分を行う。価値判断については中立である」というのが経済学者の言い分です。
リベラリストは、「その取引は本当に公正だろうか?」という観点で、経済学者の市場メカニズム礼賛を分析し、批判します。逆に言えば、それが公正な取引であれば、リベラリストは国家権力やその他の集団的な意思決定による介入を拒否するでしょう。

サンデル教授の立場は(経済的な効率や、個人の自由な意思決定を超えた)「公共善」という価値があるのではないか、市場で扱ってはいけないものがあるのではないか、というところに踏み込んでいます。

上では、ガルブレイスの問題提起と関連して「公共の施設を民間企業の広告媒体として売るのは良いことなのか」という点を取り上げましたが、本書で扱うのはそれだけに限りません。アメリカで実際に見られる様々な民間のビジネスの例を取り上げて、「それをお金で買いますか?」「それをお金で売りますか?」と問いかけてきます。

たとえば、「HIVにかかっている人の生命保険を売買するのを良しとするか?」という問題。
商売の形はこうです。重病の人、高齢で余命が少ないと思われる人の保険を、投資家が買い取る。その代価が患者に支払われる(そのお金で、残りの人生の生活の質を高めることができる)。投資家は、患者に代わって保険料を支払い続ける。患者が亡くなったら、投資家が保険会社から保険金を受け取る(投資家は収益を得る)。
患者は生きている間に必要なお金が手に入るし、投資家は後に儲けることができる。結構な仕組みのように見えます。
が、この仕組みで投資家がいちばん儲かるのは、患者が早く亡くなったときです。支払う保険料が少なくて済みますから。
結果、投資家は(儲けるため)患者の早期の死を願うことになります。また、HIVについていえば、医療が進んで、患者の生存期間が長くなり、投資家は儲けるチャンスがなくなりました。つまり、投資家は儲けのためには医療の発展すら望まない方がよい、ということです。
「自分の金儲けのために、他人の死を願う」「医療の発展を望まない」…あまり道徳的ではないように思えます。

こうしたビジネスの実例、つまり「自由な意思決定のもと、自分に属するものを売買する話」が次から次へと出てきます。本当に売買していいのでしょうか? 考えさせられます。
なお、本書の原題は"What money can't buy - The Moral Limits of Markets". 直訳すると『お金で買えないものは何?市場における道徳上の制限』といったところでしょうか。

本書には「それを売るの?」という話がたくさん出てきました。私は現代日本人のご多分に漏れず、市場メカニズムを信頼している方ですが、社会の行く末を考える上で、判断の基準が付け加えられたように思います。

コメント

このブログの人気の投稿

プロダクトデザイナーの頭と目と手

月を撃つ NHKの番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』で奥山清行氏の仕事ぶりを見ました。それで印象に残っていたので、氏の著作『ムーンショット デザイン幸福論』を 図書館で見つけた時、すぐに借りてみることにしたのでした。 読んでみて分かったのは、「プロダクトデザイン」という仕事は、「モノの外見をスマートな絵で描いてみせる」という範囲に留まるものではなく、「人が使うモノを、きちんと機能するモノとして、工業生産するモノとして、描き出す」仕事なのだということ。 実現するためには、沢山の人と協働する必要があり、組織やプロジェクトを牽引するディレクターとしての役割もあるのだなあ、すごい技能と腕力を持った人の仕事なのだなあと感心しました。 義足のデザイン プロダクトデザインという仕事について関心を持つようになって、次に図書館で見かけて借りてみたのは、山中俊治氏の『カーボン・アスリート』でした。 陸上競技に取り組む人の義足をどうデザインし、どう作るか。義足を付ける本人はもちろん、義肢装具士(※)との対話には、なんとなく緊張感が漂っています。これがプロの凄みというのでしょうか?一人ひとり違う障害、同じ人でも変わっていく肉体に、義足というプロダクトはどうあるべきなのか。挑戦を楽しんでいるようでもあり、苦しんでいるようでもあります。 『カーボン・アスリート』だけでなく後述の本も含め、山中氏の本にはデザインスケッチが多数掲載されています。描かれたスケッチは、線の美しさとは別に、機能性を感じさせる美しさがあり、見ていて圧倒されます。 なお、この本は、慶応大学の教授として取り組んだ、学生の育成・指導の記録として読んでも面白いです。 優秀な学生が本気で一流の教師とプロジェクトに取り組む様子は、正直言うと(これは大変だったろうなあ)と思ってしまいますが、羨ましくもあります。僕も若いうちにこれくらい頑張っておけばよかったなあ…。 プロダクトデザイナーの目と手 山中氏の別の本『デザインの小骨話』は、多数のデザインスケッチと、短いエッセイからなる本です。雑誌連載をまとめた本ですね。デザイナーが頭と目と手をどう使っているのか。短いエッセイに端的な表現に詰め込まれていて、なかなか軽々と読み進ませないのが凄い。デザイナーはこんな風にモノを見、描いているのだなあ、とつくづく感心しました。 観察

学校におけるSaaSの普及のために、ユースケースを紹介する

感染症により強制された 学校のデジタル化  2020年、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、小学校から大学まで、一斉に休校になり、その後オンラインシステムなどを利用した遠隔授業の取り組みが始まりました。 休校が終わった後も、修学旅行や文化祭・体育祭などの各種行事の縮小やオンライン化が行われています。 この間、子どもたち・若者たちの教育を止めないために、様々な方が努力をしていました。感染症の拡大という緊急事態のもとで、十分な準備が出来ない中での取り組みですから、大変な苦労があったものと推測します。 Google for EducationなどのSaaS。「どう使うか」を誰が教えてくれるか? あのような情勢下でしたから、なにより迅速さが必要だったわけで、SaaSの利用は、必然的だったろうと思います。 ところで、「よし、XX業務のシステムは、SaaSで行こう」となったら、最近のITエンジニアであれば、 ベンダーが公開しているオンラインのドキュメントを読んで基本の使い方を学ぶ 使いながら徐々に応用的な使い方を調べたり、問い合わせたりする 必要なカスタマイズをする 随時組織内にノウハウを蓄積・共有する …という風に取り組むことでしょう。専門知識や経験のあるITエンジニアであっても、失敗・間違いがあり得ることを覚悟しながら、前に進めます。 ITエンジニアではない学校の先生がた、教育委員会の方々が「教育でIT・SaaSを使う」となったのですから、取り組み当初、その胸中ではかなり不安だったのではないかと推察します。 Webサイトや書籍で、SaaSの機能の説明を読んでも、「それをどう使ったらよいのか」「どう使ったら安全なのか」想像するのは簡単ではありません。 「ユーザー(潜在的な顧客・ユーザーも含む)に対して、そのツールのユースケースを語る」という役割の人が、ことSaaSについては、いまだ足りていないのかもしれない、と思います。  ユースケースに注目した書籍 『今すぐ使える!Google for Education』 は、Google for Educationの利用拡大・普及に努めている方々が書いた本で、Googleの各サービスを 機能ごとに紹介するのではなく、ユースケースに焦点を当て、 章に立てています。 学校で、先生や児童・生徒が「どう使うか」に焦点を当てているわけですね

Google Apps Scriptを始めるならこれ。しっかりした作りの入門書

気が付けば身の回りはGoogleだらけ。プログラムで制御しちゃおっかな  ふと気が付けば、身の回りはGoogleのサービスだらけでした。スマホこそAndroidではなくiPhoneですし、iPadも愛用している(どちらかというと)Apple信者な私なのですが。 検索サービスやGmailはもちろん、翻訳、Map、そしてこのブログも。スマートスピーカーさえGoogle Home miniですよ(最初にリビング用に買ったのはAmazon Echoだったのに)。これはもはやGoogleのサービス無しではいられない身体と言わざるを得ますまい。 こうなってくると、私もいちおうIT業界に身を置いている人間ですので、「プログラムで制御したら便利になるかも?」ということくらいは考えるわけです。 そんなわけで、この本『Google Apps Script完全入門』を買いました。 JavaScript、VBA、オブジェクト指向の基本を勉強したことがあれば、すいすい読める この本はとても丁寧に書かれています。Google Apps Scriptを開発・実行する手順や、ヘルプページの見方から始まり、JavaScriptの文法の説明を経て、Googleの各サービスのプログラミング方法の説明に進みます。最後に、トリガー、ユーザーインターフェース、ファイルとデータの操作、外部サイトへのアクセス、プロパティ、ライブラリと、アプリケーションを作るために便利な各種機能の紹介です。 JavaScriptの文法説明の箇所は、簡潔でありながらポイントが押さえられています。プロトタイプオブジェクトの説明の箇所など、一見して「だいぶ思い切った書き方だな」と思いましたが、「参照」の説明が前にちゃんとあるのもあって、必要十分な説明になっています。感心しました。  サービスの説明順も、SpreadsheetやGmailなど、オブジェクトモデルが分かりやすいもの・利用頻度が高いものから始まるので、読み進めやすいです。 私はもともとJavaScriptやオブジェクト指向の知識があり、Excel VBAのプログラムを書いたこともあるので、わりとスイスイと読めたのですが、そうした知識・経験が無い方も十分に読めると思います。 そもそもApps Scriptのオブジェクトモデルが分かりやすいというのもあるのかな? この分かりやす