スキップしてメイン コンテンツに移動

それをお金で売っていい社会にしますか?


「ゆたかな社会」が投げかける公共性の問題

ガルブレイスの著書『ゆたかな社会』は、経済学者ガルブレイスが経済学の範疇を超えていろいろな論点を扱っていて面白い本です。中にはインフレ懸念など現代ではあまりぴんと来ない話題もありますが、今にも通じる指摘も多く含まれています。
中でも、アメリカで進んだ「公共部門と民間部門の格差」については、考えさせられました。
誰もがテレビ・ラジオを持っているが、学校は貧弱。住宅はきれいなのに街路は汚い。最新式の自動車で公園にキャンプに出掛けるが、道路の舗装は悪く、ごみが落ち、広告だらけ。公園にたどりついても、小川は汚く、周囲から悪臭がする…
現代日本でも思い当たる光景ですよね。

貧弱な公共部門に対して現代アメリカが出した答え

NHKで授業が放送されて、大変有名になった、サンデル教授。その著書『それをお金で買いますか 市場主義の限界』の中の一章は、ガルブレイスが投げかけた「こんなに貧弱な公共部門でよいのか」という問題提起に対して、アメリカ社会がどんな答えを出したのか、それがどんな問題を生み出しているのかを示しています。

アメリカ社会が出した答えとは、「公共部門の施設・設備に、民間がお金を出す。ただしそこに広告を出す代価として」です。いまアメリカでは、公立の学校に、刑務所に、パトカーに、民間企業の広告が出ているそうです。それによって、公立の施設は収入を得、施設やサービスの拡充の費用に充てているというのです。

それをお金で売っていいの?

サンデル教授は、そのようなアメリカの事態を良しとしているわけではありません。公共的なものが持つ価値、「公共善」を腐敗・堕落させているのではないか、という問題提起をしています。
幸か不幸か、日本ではまだ「刑務所が広告スペースを販売した」という話は聞きません。が、広告のかたちこそしていないものの、いわゆる「命名権」も、意味としては同じですよね。公共の施設の名前を、私企業が、自社の知名度を上げるために、買っていますから。
サンデル教授はアメリカの命名権の事例も多数取り上げ、地域の歴史に根差している、公共の施設の名前を、売り払っていいのだろうか?という疑問を投げかけています。
公共施設の在り方について、とても考えさせられます。

本当にそれをお金で売っていいの?公正な取引であっても、ダメなんじゃない?

「市場メカニズムは、効率的に資源配分を行う。価値判断については中立である」というのが経済学者の言い分です。
リベラリストは、「その取引は本当に公正だろうか?」という観点で、経済学者の市場メカニズム礼賛を分析し、批判します。逆に言えば、それが公正な取引であれば、リベラリストは国家権力やその他の集団的な意思決定による介入を拒否するでしょう。

サンデル教授の立場は(経済的な効率や、個人の自由な意思決定を超えた)「公共善」という価値があるのではないか、市場で扱ってはいけないものがあるのではないか、というところに踏み込んでいます。

上では、ガルブレイスの問題提起と関連して「公共の施設を民間企業の広告媒体として売るのは良いことなのか」という点を取り上げましたが、本書で扱うのはそれだけに限りません。アメリカで実際に見られる様々な民間のビジネスの例を取り上げて、「それをお金で買いますか?」「それをお金で売りますか?」と問いかけてきます。

たとえば、「HIVにかかっている人の生命保険を売買するのを良しとするか?」という問題。
商売の形はこうです。重病の人、高齢で余命が少ないと思われる人の保険を、投資家が買い取る。その代価が患者に支払われる(そのお金で、残りの人生の生活の質を高めることができる)。投資家は、患者に代わって保険料を支払い続ける。患者が亡くなったら、投資家が保険会社から保険金を受け取る(投資家は収益を得る)。
患者は生きている間に必要なお金が手に入るし、投資家は後に儲けることができる。結構な仕組みのように見えます。
が、この仕組みで投資家がいちばん儲かるのは、患者が早く亡くなったときです。支払う保険料が少なくて済みますから。
結果、投資家は(儲けるため)患者の早期の死を願うことになります。また、HIVについていえば、医療が進んで、患者の生存期間が長くなり、投資家は儲けるチャンスがなくなりました。つまり、投資家は儲けのためには医療の発展すら望まない方がよい、ということです。
「自分の金儲けのために、他人の死を願う」「医療の発展を望まない」…あまり道徳的ではないように思えます。

こうしたビジネスの実例、つまり「自由な意思決定のもと、自分に属するものを売買する話」が次から次へと出てきます。本当に売買していいのでしょうか? 考えさせられます。
なお、本書の原題は"What money can't buy - The Moral Limits of Markets". 直訳すると『お金で買えないものは何?市場における道徳上の制限』といったところでしょうか。

本書には「それを売るの?」という話がたくさん出てきました。私は現代日本人のご多分に漏れず、市場メカニズムを信頼している方ですが、社会の行く末を考える上で、判断の基準が付け加えられたように思います。

コメント

このブログの人気の投稿

プロダクトデザイナーの頭と目と手

月を撃つ NHKの番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』で奥山清行氏の仕事ぶりを見ました。それで印象に残っていたので、氏の著作『ムーンショット デザイン幸福論』を 図書館で見つけた時、すぐに借りてみることにしたのでした。 読んでみて分かったのは、「プロダクトデザイン」という仕事は、「モノの外見をスマートな絵で描いてみせる」という範囲に留まるものではなく、「人が使うモノを、きちんと機能するモノとして、工業生産するモノとして、描き出す」仕事なのだということ。 実現するためには、沢山の人と協働する必要があり、組織やプロジェクトを牽引するディレクターとしての役割もあるのだなあ、すごい技能と腕力を持った人の仕事なのだなあと感心しました。 義足のデザイン プロダクトデザインという仕事について関心を持つようになって、次に図書館で見かけて借りてみたのは、山中俊治氏の『カーボン・アスリート』でした。 陸上競技に取り組む人の義足をどうデザインし、どう作るか。義足を付ける本人はもちろん、義肢装具士(※)との対話には、なんとなく緊張感が漂っています。これがプロの凄みというのでしょうか?一人ひとり違う障害、同じ人でも変わっていく肉体に、義足というプロダクトはどうあるべきなのか。挑戦を楽しんでいるようでもあり、苦しんでいるようでもあります。 『カーボン・アスリート』だけでなく後述の本も含め、山中氏の本にはデザインスケッチが多数掲載されています。描かれたスケッチは、線の美しさとは別に、機能性を感じさせる美しさがあり、見ていて圧倒されます。 なお、この本は、慶応大学の教授として取り組んだ、学生の育成・指導の記録として読んでも面白いです。 優秀な学生が本気で一流の教師とプロジェクトに取り組む様子は、正直言うと(これは大変だったろうなあ)と思ってしまいますが、羨ましくもあります。僕も若いうちにこれくらい頑張っておけばよかったなあ…。 プロダクトデザイナーの目と手 山中氏の別の本『デザインの小骨話』は、多数のデザインスケッチと、短いエッセイからなる本です。雑誌連載をまとめた本ですね。デザイナーが頭と目と手をどう使っているのか。短いエッセイに端的な表現に詰め込まれていて、なかなか軽々と読み進ませないのが凄い。デザイナーはこんな風にモノを見、描いているのだなあ、とつくづく感心しました。 観察

高校の教科書レベルを抜け出る楽しみーアダム・スミスとその時代

 たびたび「高校レベルの知識を身に付けると楽しいんじゃないか」「いろんなことが分かるようになるんじゃないか」ということを述べてきましたが、今回は「その先に進むのも楽しい」という話です。  アダム・スミスの評伝『アダム・スミスとその時代』 手元にある『もういちど読む山川世界史』の索引から、アダム・スミスの項を探すと、次のような記述が見つかります。 『諸国民の富』(『国富論』)をあらわしたアダム・スミスは、重農主義をこえて、富の源泉は人間の労働一般にあるとし、個人の自由な経済活動が自然の秩序にかなうという自由主義の経済学を確立した。 (『もういちど読む山川世界史』、p.161)  無駄の無い記述で、なるほど、自由主義の経済学の始祖なんだなあ、重農主義を超えたのだなあ(ってどんなんだったっけ?と思いながら)、なんてことが分かります(分かった気になれます、かもしれないけど、いったんその話を記憶の片隅に置いておけるくらいには分かりますよね)。 今回、『アダム・スミスとその時代』をなんとか一回読んでみました。デビッド・ヒュームからの影響、当時の大学の制度と貴族の子息の家庭教師の地位、重農主義者たちとの対面的な関係など、スミスの学問的背景や問題意識、著作(主著『道徳感情論』と『国富論』)の時代性と方向性を知ることができました。私はスコットランドの歴史や、経済学史、思想史に疎いので、ちゃんと理解できたとは言えませんが、知り得たことは多かったです。 そして、スミスの様々を知るにつけ、上の教科書の説明はたいへんよく出来ているのだけど、もっといろんな面白いポイントがあるじゃないか、という気がしてきました。 たとえば、ヒュームってすげえな!イギリス経験論がカントに課題を突きつけたのは知っていたけど、スミスを通じて経済学にも影響を及ぼしてるじゃんか!と思いましたし、 スミスは重農主義者と会って議論したりしてたんだな!イギリスとフランスって当時から(僕が思っていたよりも)近い距離だったんだな!どういう風に行き来していたんだろう?と、近世ヨーロッパの交通事情に関する新たな関心も湧いてきました。 高校くらいまでの知識があると世の中のあれこれが分かるようになって、いろいろ楽しいですが、「その先に進むことができるようになる」「さらにその先を見はるかすことができるようになる」も楽しみの一つだなと、

原発事故の処理・エネルギー政策について考える前に勉強してみた

  福島第一原発の事故後の処理は、事故発生から9年を経た今の時点から見ても、さらに30年以上を要する、長期にわたる取り組みが必要な事案です。 現場で作業に関わる方はもちろん、たくさんの関係者の仕事のおかげで、徐々に・着実に処理は進んでいるようです。そして、状況が変わっていく中で、課題も移り変わっていっています。 2020年は、「放射性物質により汚染された水を、どのように処理していくか」が大きな課題として話題になりました。 汚染された水は、ALPSという処理施設によって処理され、多くの核種の除去が行われた上で、一次処理水として、いったん原発の敷地内のタンクに貯蔵されています。 貯蔵されている処理水には、除去が難しいトリチウム(三重水素。水素の放射性同位体)が含まれていますが、さらに処理を行い、トリチウム以外の核種を減らす二次処理をした上で、海水で希釈、海に流す案が検討されています。 さて。 こうした状況説明の後で、「どのような方法で処理するのがよいか」と聞かれた場合、皆さんはどうしますか? この件がニュース番組等でも話題になりはじめたのは2019年でした。そのとき、私の頭に浮かんだのは、「トリチウム(三重水素)って何だっけ?」「放射能、放射線ってひとことで言いがちだけど、事故当時報道されたアルファ線とかベータ線とかって言葉って何だったの?」「ベクレルとかシーベルトとかいろいろ単位が出てきたけど、今度のトリチウムってのはそれで言うとどんなもんなの?」という疑問でした。原子力発電の原理はもちろん(熱で湯を沸かしてタービンを回すということくらいは知っていましたけど)、そもそも核分裂とはなにか、今の福島第一原発の状況はどうなのかなど、ほんとにちゃんと知らんなあ、と思ったのです。 事故当時、不安な中でざっと調べたり勉強したりした範囲では、住んでいる・働いている場所では自身にも家族にも問題は起きそうにないし、専門家の皆さんが行っている対処は適切なように思えたので、(長い取り組みが必要そうだ。発電してもらってた立場として支援することができるならしたいものだな)と思う程度で、さらに丁寧に勉強するまでしなかったのです。 怠惰な自分がイヤになるところですが、当時は当時でしかたなかったのでしょう。過去を悔いてもしかたないので、改めて勉強することにしたのでした。 大きめの書店に行くと、東日